68発早実・野村プロ入りへ覚悟「日本一とれれば」

  • FacebookMessenger
  • TL

高校通算68本塁打の早実・野村大樹内野手(3年)が12日、プロ入りへの覚悟を明かした。

今夏の西東京大会4回戦で敗退し、その後、進路について両親と話し合いを重ねた。約1カ月考え、9月上旬に「プロにいきたいから、志望届を出します」と伝えた。18歳の誕生日である9月10日に、日本高野連に志望届を提出した。

1年秋頃からプロ入りを意識し始め、今夏は甲子園出場を逃したが「小さい頃からの夢だったプロに行きたいという気持ちが強くなった。(高校で)最後、悔しい結果に終わったので、高校ではとれなかった日本一を(プロで)とれればいいなと思う」と話した。

1年夏から4番を任されており、日本ハムの清宮幸太郎内野手とは2年間、中軸を形成した。ルーキーながら1軍で結果を出している先輩に「志望届を出すとき、1番に報告しました」と笑顔で明かした。

長打力が最大の武器。木製バットでの練習も積んでおり「右にも左にも打てることが長所。木でも打てると思うので、負けずにやっていきたい」と話した。内野に加え、捕手もプレー可能だ。和泉実監督は「野球をよく分かっているので、多少時間はかかっても与えられたポジションをこなせると思う。本人の気持ちを尊重して、応援します」と話した。

このニュースの写真

  • 今夏、通算67号の本塁打を放った早実・野村(2018年7月17日撮影)
  • FacebookMessenger
  • TL