花巻東が連覇王手、中森2打点&西舘と1失点リレー

<高校野球春季岩手大会:花巻東5-1専大北上>◇25日◇準決勝◇岩手・野田村ライジングサンスタジアム

花巻東「エース」を争ってきた左腕・中森至(3年)と最速147キロ右腕・西舘勇陽(3年)の1失点リレーで、2年連続優勝に王手をかけた。

打撃でも好機にしっかりゴロを放って2打点の中森は、右股関節痛の影響で今季初登板に「緊張したけれどコントロールが良かった。打者としても貢献しないといけないので、上からたたいて点数が取れて良かった」。打者5人に4奪三振で締めた西舘も「去年の秋の決勝は自分が打たれて負けたので、優勝旗は譲れない」と“キング”にこだわった。

その他の写真

  • 専大北上対花巻東 7回裏花巻東1死二、三塁、確実にゴロを転がして遊ゴロで打点を挙げる中森(撮影・鎌田直秀)
  • 専大北上対花巻東 8回途中から登板し、一塁にけん制する花巻東・西舘(撮影・鎌田直秀)