仙台城南が延長制す、今夏甲子園出場の花巻東撃破

<高校野球秋季東北大会:仙台城南3-2花巻東>◇14日◇2回戦◇花巻球場

初出場の仙台城南(宮城3位)は夏甲子園出場の花巻東(岩手2位)を延長11回に振り切った。

   ◇   ◇   ◇

初出場の仙台城南が、地元の花巻東から大金星を挙げた。県大会後に右上手からサイド気味にフォームを変えた阿部伶桜(2年)のスライダーがさえ、11回を9安打6四死球と、粘りの投球で2点に抑えた。9回まで95球と打たせてとる省エネ投球。「何度も甲子園に出ている学校なので不安はあったけど、勝つ気で投げました」と喜んだ。

角晃司監督(59)は試合前に「自分たち以外はみんな花巻東が勝つと思っている。勝ったら仙台じゅう、学校じゅうが大騒ぎになるぞ。こんなチャンス2度とないぞ」とモチベーションを上げた。2点を先行されながらも7回に同点。延長11回に代打の代打、高橋大樹(2年)が勝ち越し打を放つ堂々の勝利だった。

県第3代表決定戦で顔面直撃死球で鼻骨、眼窩(がんか)底骨折を負った石川友希捕手(2年)は、7回に同点適時打を放ち「最後のアウトでは本当に終わりなのかとビックリした」。阿部は「うれしさがメチャクチャあるけど、しっかり寝て忘れます」と準々決勝の磐城(福島)戦に気持ちを切り替えていた。

○…花巻東・清川大雅主将(2年)「終盤のチャンスで1本が出なかった。この負けを絶対に忘れないで、来年は負けないチームをつくりたい」

その他の写真

  • 仙台城南対花巻東 11回表仙台城南2死満塁、代打の代打で決勝適時打を放ちガッツポーズで喜ぶ高橋大
  • 仙台城南対花巻東 完投勝利で初戦を突破し喜ぶ仙台城南・阿部伶桜
  • 仙台城南対花巻東 11回表仙台城南2死満塁、代打の代打で三遊間への決勝内野安打を放ちヘッドスライディングする高橋大