関東第一機動力で競り勝つも「内容が悪い」米沢監督

<高校野球秋季東京大会:関東第一4-2日大鶴ケ丘>◇19日◇1回戦◇神宮第2球場

今夏甲子園8強の関東第一が本大会1回戦を競り勝ち、夏春連続甲子園出場へ前進した。

初回、2回と互いに点を取り合ったが、関東第一が3-2でリード。6回にも犠飛で1点を加え、3投手の継投で逃げ切った。

米沢貴光監督(44)は「まだ誰も公式戦で自分の力を発揮できていません。経験もない子たちばかり」と、勝利にも口元を引き締めた。打線は7安打を重ねたが、連打はなし。「思ったような打撃ができてません。仕留め切れていない。凡打の内容が悪い」と不満が残った。

もっとも、連打はなくても得点を奪えたのは、お家芸の機動力からだ。1点を追う初回は、無死一、三塁から遊ゴロの併殺崩れの間に同点。塁に残った打者走者の重政拓夢外野手(2年)が、すかさず次打者の初球で二盗を決め、渡辺貴斗捕手(2年)の中前打で勝ち越しホームを踏んだ。

すぐに同点とされたが、2回は1死三塁から犠飛で再び勝ち越し。6回も無死三塁からの犠飛で追加点を挙げた。

守りで光ったのは、捕手の渡辺だ。1、2週間前に捕手をやるよう言われたばかり。中学ではサブポジションで捕手経験があるが、高校では内野手。1次予選では二塁を守った。高校の公式戦でマスクをかぶるのは初めてだった。練習試合をへて「久しぶりでワクワクしました。自信はありました」。言葉どおり、相手の二盗を3つ刺し、投手陣を引っ張った。打っては、初回の同点打、6回には先頭で三塁打を放ち、追加点の犠飛につなげた。

米沢監督は「現時点の適性を考えて。(渡辺は)コントロールはいいので」と説明。いろいろな選手に複数ポジションを経験させる中で、ベストの布陣を探っている。

渡辺は主将としてもチームを引っ張っている。スタンドには、夏の甲子園で活躍した3年生たちの姿があった。先輩たちの声援を受けた渡辺は「(旧チームの主将である)渋谷さんに、キャプテンとしてどうまとめればいいか、聞きました。『キャプテンはチーム全体を見ないといけない。自分のプレーで落ち込むな』と言われました」と感謝していた。