近江12失点 プロ注目土田適時打コールド負け阻止

<高校野球秋季近畿大会:奈良大付12-7近江>◇21日◇1回戦◇佐藤薬品スタジアム

近江は3投手で12失点して終盤の追い上げも及ばなかった。

最大9点差がつくも、5回に来秋のドラフト候補の土田龍空(りゅうく)内野手(2年)の適時二塁打などで2点を返し、じわじわ巻き返してコールド負けは阻止。

ただ、チームは15安打で7得点とつながりが悪く、5打数3安打1打点の土田も「点が入った後の打撃が出来ない」と全体の課題を口にした。

その他の写真

  • 奈良大付対近江 9回裏近江1死、右翼線へ二塁打を放つ近江・土田龍空(撮影・上田博志)
  • 奈良大付対近江 奈良大付に敗れ肩を落とす近江ナイン(撮影・上田博志)
  • 奈良大付対近江 4回途中10失点の近江先発島瀧悠真(撮影・上田博志)