健大高崎、初出場初Vならず 戸丸主将がミス悔やむ

<明治神宮大会:中京大中京4-3高崎健康福祉大高崎>◇20日◇高校の部決勝◇神宮

明治神宮大会初出場の高崎健康福祉大高崎(関東・群馬)は、中京大中京(東海・愛知)に競り負け初出場初優勝とはならなかった。試合後の主将の戸丸秦吾捕手(2年)は「自分のエラーで負けてしまいました。大舞台に自分が弱いということも分かりました。準備が足りなかったです」と言い、初回1死三塁でパスボールから失点した場面でのミスを悔やんだ。

また1点を勝ち越して迎えた3回2死一、三塁で、先発の橋本拳汰投手(2年)が一塁にけん制球を投げ、それが一塁手の失策につながり同点を許した場面にも「一塁走者をけん制する意味合いで、そこまで強いけん制でなくても良かったと思いましたが、刺そうという強いけん制になってしまった。これから、そういう面でもしっかり連係を図っていきたいです」と言い、責任の一端を感じた様子だった。

打撃では、準々決勝、準決勝での2試合で7打数無安打5三振と不振に陥っていたが、この試合では先制打となる左前適時二塁打を放った。「体が突っ込むところを昨日の練習でコーチに指導してもらいました」と言い、その時だけは笑顔を見せた。

チームの主軸として出場が確実視されている来春の選抜大会に向けて「うちにはいい投手がたくさんいるし、それが通用することも分かりました。もっと守備を鍛えて守り勝てるようにしたい」と抱負を口にした。

その他の写真

  • 高崎健康福祉大高崎対中京大中京 先発し力投する高崎健康福祉大高崎・橋本拳(撮影・鈴木正人)