馬淵監督に託されたU18初世界一 4・3本格始動

日本高野連は19日、大阪市内で理事会を開き、9月上旬に台湾で行われるU18アジア選手権に出場する高校日本代表の監督に、明徳義塾(高知)の馬淵史郎監督(64)を選任したと発表した。

馬淵監督は歴代4位の甲子園通算勝利51勝を挙げ、明徳義塾を夏19度、春は出場予定の今センバツを含め、15度甲子園に導いている。日本高野連の小倉好正事務局長(61)は「実績、勝負にかける情熱、指導力」と名将に高校日本代表を託した。

U18監督は、18~19年が元報徳学園監督の永田裕治氏(56)、16~17年は元拓大紅陵監督で19年1月に死去した小枝守氏(享年67)と現役を退いた監督が務めていた。現役監督の兼務は、15年の大阪桐蔭西谷浩一監督(50)以来。激務が予想される馬淵監督は「最初は私で大丈夫か、という気持ちがあった。高校野球に育てられた。少しでも恩返しできたら。全身全霊をかけて頑張ります」と長く身を置く高校野球界に恩義を感じ、全力投球を誓った。

全国制覇した02年に日米親善野球で高校選抜チームの監督を務めた経験がある。だが、国際大会のレベルも上がり、侍ジャパンとなった13年以降は勝利も重要視されている。「(国際大会は)社会人時代や02年に経験があるが年々、各国も必死になってやっている。その中で結果を残すのは難しいが、日本の高校野球の存在感を見せられたら。日本の良さ、日本にしかできない野球ができれば」と決意と覚悟を明かした。

任期は2年間で、来年のU18W杯までの予定。昨年のU18W杯は5位に終わるなど、まだ日本は優勝経験がない。ヘッドコーチは花咲徳栄(埼玉)の岩井隆監督(50)、コーチは智弁学園(奈良)小坂将商監督(42)と沖縄尚学(沖縄)比嘉公也監督(38)で、馬淵監督を含め首脳陣4人全員が甲子園での優勝経験を持つ。まずは4月3日から3日間、代表候補合宿(開催地未定)を行い、馬淵流の侍ジャパンづくりに取り組む。【石橋隆雄】

◆馬淵史郎(まぶち・しろう)1955年(昭30)11月28日、愛媛県生まれ。現役時代は遊撃手。三瓶(みかめ=愛媛)から拓大を経て、いったんは民間企業に就職。その後、社会人の阿部企業でコーチ、監督を務め86年の日本選手権では準優勝。87年から明徳義塾のコーチに就任。90年から同校監督になった。教え子のプロ野球選手は元ヤクルト森岡良介内野手、DeNA伊藤光捕手、楽天石橋良太投手ら。