湯沢が大曲工に雪辱 投打かみ合い8点完勝/秋田

  • 大曲工対湯沢 ピンチを切り抜け雄たけびを上げる湯沢先発の伊藤(撮影・山田愛斗)

<高校野球秋田大会:湯沢8-3大曲工>◇9日◇1回戦◇グリーンスタジアムよこて

湯沢が昨秋競り負けた大曲工に雪辱した。

今夏は投打がかみ合い完勝。先発の伊藤大斗投手(3年)が8回2/3、3失点で好投し、打線もつながりを見せた。適時三塁打を含む2安打1犠打で貢献した5番佐々木颯大外野手(3年)は「点の取り方や1球の意識を徹底して攻守ともにうまくいった」と手応えを示した。