昨夏甲子園、日本文理エース種橋諒が“夏連覇”導く

  • 完全燃焼を誓って練習に励む日本文理・種橋

昨夏の甲子園出場校・日本文理の種橋諒投手(3年)にとって県高校夏季野球大会はリベンジの場になる。昨秋の県大会は初戦の2回戦・東京学館新潟戦に先発して4失点。5-7で敗れた。最後の夏、甲子園にはつながらなくても、実質的な「連覇」にチームをけん引することで屈辱を晴らす。

前へ 1 2 次へ