高田コールド勝ち「一戦必勝」初回猛攻5点 /岩手

  • 高田対花北青雲 7回から登板して試合を締め、仲間とグータッチする高田・佐藤(中央)(撮影・鎌田直秀)
  • 7回から登板した高田・佐藤真尋投手
  • 最後を締めた高田・佐藤

<高校野球岩手大会:高田12-2花北青雲>◇13日◇1回戦◇しんきん森山スタジアム

高田が初回で決めた。3点を先取し、なおも2死一、二塁。「8番二塁」平沢雄太郎主将(3年)が左中間に2点適時二塁打を放ち一挙5得点。

同主将は「初回の入りが大事だという意識を強く持っていた。これからも一戦必勝で集中していきたい」。7回にも打者一巡で5得点で7回コールド勝ち。同裏は最速140キロ右腕・佐藤真尋(3年)がプロ5球団のスカウトが見つめる前で3人で締めた。

▽花北青雲・高橋広大投手(3年=先発し、1回5失点で降板)「3年生が4人と仲間と励まし合いながら、4人でも勝てるんだということは実感できた。今日は初回に流れを与えてしまって悔いが残る」