東亜学園・鈴木すねに打球直撃、逆転負け涙/東東京

  • 東亜学園対帝京 8回裏帝京1死満塁、逆転を許し肩を落とす鈴木隆(中央)(撮影・横山健太)
  • 東亜学園対帝京 力投する東亜学園先発の鈴木隆(撮影・横山健太)

<高校野球東東京大会:帝京6-3東亜学園>◇6日◇準決勝◇大田スタジアム

東亜学園(東東京)の無失点投球を続けてきた鈴木隆之介投手(3年)が力尽きた。

1点リードの8回1死一塁で打球を左すねに受けるアクシデント。アイシング後に再登板したが、スクイズを決められるなど4点を失い、降板した。「痛みはなかった。最後まで行くつもりだった。逆転されて申し訳ない」。小岩戦でノーヒットノーラン(7回参考)を達成。4強入りの原動力となった左腕は、涙を浮かべて逆転負けを悔やんだ。

▽東亜学園・武田朝彦監督(8回、帝京の代打の代打に)「スクイズだと思い、一瞬、外そうかと思いました。でも、満塁で2ボール。(鈴木隆は)制球がいい投手ではない。外して(3ボールになり)苦しめてもと、外しきれなかった。私のミスですね」。