レッズ秋山は「オールラウンド」美技連発に監督

<レッズ6-9パイレーツ>◇13日(日本時間14日)◇グレートアメリカン・ボールパーク

パイレーツ戦に1番左翼で出場したレッズ秋山翔吾外野手は3打数無安打と、5試合連続安打はストップしたものの、美技を連発して存在感をアピールした。

5回には、頭上の打球をジャンプして左翼フェンスにぶつかりながらスーパーキャッチ。7回にも左翼線最深部への飛球を好捕した。

試合には完敗したものの、ベル監督は「信じられない。ノーチャンスだと思ったのに。彼はすばらしいオールラウンドプレーヤーだ」と、印象の残るプレーに挙げた。