広島丸「最高じゃなかった」7000万増も笑顔なし

 広島丸佳浩外野手(28)が15日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、7000万円アップの2億1000万円(金額は推定)でサインした。広島野手では07年前田智徳以来の大台突破も、会見では1度も笑顔を見せなかった。今季は不動の3番として打率3割8厘、23本塁打、92打点。最多安打のタイトルとMVPを受賞し、連覇に大きく貢献。球団からは「チームとしてもお前がMVP」と最高評価を得たが、来季取得見込みの国内FA権を考慮した複数年提示はなく、タイトル料も含まれなかった。

 笑顔のない会見には、今季の悔しさもある。「昨季に比べたら苦しいシーズンだった。最高のシーズンとは言えなかった」。リーグ2連覇を成し遂げながら、CSで敗退。またも日本一を逃した。

 順調にいけば来季国内FA権を取得する。仮に行使すれば、争奪戦も予想されるが「現時点では考えていない。来季は来季でシーズンのことしか考えられない」。球団にとっても、欠かすことのできない攻守の要。リーグ3連覇に全力を尽くす覚悟だ。【前原淳】