高橋監督レフトゴロに「言いたいことあるけど…」

<阪神9-1巨人>◇27日◇甲子園

 巨人が珍しいプレーで黒星を喫した。

 8点を追う9回1死満塁。6番長野が放った打球は高々と左翼へ上がった。阪神の左翼手中谷が打球を1度はグラブへ収めたが、握り替える動作の中でこぼした。タッチアップ姿勢に入っていた三塁走者岡本は本塁へスタート。二塁走者マギー、一塁走者亀井は左翼手が完全捕球したと判断し、塁上に残った。

 左翼手中谷はこぼしたボールを三塁へ送球。三塁手はベースを踏み、二塁へ送球。二塁手もベースを踏んだ。

 三塁塁審は完全捕球を認めず、ノーキャッチの判定を下した。結果的に一、二塁走者がフォースアウトとなり「レフトゴロ併殺」が完成。三塁走者の生還は認められず、そのまま試合は終了した。

 高橋監督は審判に説明を求めたが、リクエスト対象外のプレーのため、検証は行われなかった。

 高橋監督は試合後「結果がそうでしょう。言いたいことはあるけど、ここで言っても行き違いがあるとね、嫌なので」と話した。三塁コーチを務めていた大西外野守備走塁コーチは「捕球後に(ボールを)握る時に落としたように見えたから走者は責められない。ずっと審判ばかりを見ているわけにもいかない」と選手を擁護した。

このニュースの写真

  • 9回表巨人1死満塁、中谷は長野の飛球を一旦は捕球するが送球動作に移るとき落球する(撮影・奥田泰也)
  • 9回表巨人1死満塁、中谷は長野の飛球を一旦は捕球するが送球動作に移るとき落球する(撮影・奥田泰也)