立正大・伊藤裕季也V打「投手の変わり目チャンス」

  • FacebookMessenger
  • TL

<東都大学野球:立正大2-1国学院大>◇第2週第2日◇12日◇神宮

立正大が今季4試合目で初勝利を挙げた。6回まで無安打だった打線は、相手の先発投手が交代した7回、先頭の伊藤裕季也二塁手(4年=日大三)が右前打して流れを変えた。

伊藤裕はこの回、1-1の同点とするホームを踏むと8回2死一、二塁では右越えに二塁打で決勝の走者を迎え入れた。

チームにはうれしい今季初勝利。伊藤裕は「投手の変わり目はチャンスだと思って、いつもやっている。今日はそれができた」と話した。連敗を3で止め、次の目標は勝ち点奪取だ。

 

このニュースの写真

  • 立正大対国学院大 8回表立正大2死一、二塁、伊藤裕は勝ち越しとなる右越え適時二塁打を放つ(撮影・滝沢徹郎)
  • 立正大対国学院大 8回表立正大2死一、二塁、勝ち越しとなる右越え適時二塁打を放った伊藤裕(左)はベンチへ引き揚げナインとタッチを交わす(撮影・滝沢徹郎)
  • FacebookMessenger
  • TL