えっ!日本ハム、吉田正シフトで一、二塁間の三ゴロ

<オリックス3-7日本ハム>◇18日◇ほっともっと神戸

日本ハムが今季から導入している守備隊形が、はまった。1回2死走者なし、打席にオリックスの3番吉田正尚外野手(25)を迎えると、それまで三塁ベース付近で守っていた横尾俊建内野手(25)は、小走りで一、二塁間のやや後ろに陣取った。

上空から見れば、一、二塁間に一塁手、三塁手、二塁手の3人が並ぶことに。これが、強打の左打者、吉田正対策としてデータをもとに編み出した“正尚シフト”だ。初球の変化球にバットを出した吉田正の打球は、一塁手と二塁手の間深くに守っていた横尾のもとへ飛んだ。本来ならば右前打。珍しい右方向への「三ゴロ」となった。

その他の写真

  • 1回裏オリックス2死、吉田正(手前)を三ゴロに仕留める日本ハム金子(撮影・佐藤翔太)  
  • 1回裏オリックス2死、吉田正を三ゴロに仕留め吉田シフトで右翼側にいた日本ハム横尾(右手前)に声をかける金子(撮影・佐藤翔太)