オリックス初の3連勝も西村監督は反省「継投ミス」

<オリックス6-3楽天>◇11日◇ほっともっと神戸

オリックスが二転三転したゲームに競り勝ち、今季初の3連勝を飾った。

6回に1点を先制も、逃げ切りを狙った継投策が裏目に。8回、セットアッパーの沢田が同点打を浴びるなどでKO。小林、左沢らも止められず3失点で逆転された。それでも打線が奮起。その裏に楽天ハーマンを攻め1死満塁から白崎の2点打で同点、山足の適時三塁打で決勝点を挙げた。1イニング5点のビッグイニング。白崎が「本当になんとかしたい一心でした」と振り返れば、先発で好投したK-鈴木と同期入団の山足は「Kが頑張っていたので、僕も刺激をもらいました」と笑顔を見せた。

西村監督は「信頼している投手がああいう形になる。継投ミスですね」と、開口一番、K-鈴木のプロ初勝利を消してしまった継投失敗を反省した。そのうえで「野手がよくカバーしてくれた。(3連勝を)弾みにして乗っていきたい。明日も続けていかないと」とナインを鼓舞した。

3連勝中、試合前の声出しを担当している山足は「明日もやります。僕しかいないでしょう!」と笑った。5位西武と0・5ゲーム差に。まだ最下位だが、ムードは盛り上がってきた。【高垣誠】

その他の写真

  • 8回裏オリックス1死満塁、白崎は同点となる2点適時打を放つ(撮影・渦原淳)