原監督「見逃しという三振ではね」丸と岡本に苦言

<巨人1-5DeNA>◇22日◇東京ドーム

巨人は最下位のDeNAに敗れ、首位広島との差が1・5ゲームに広がった。腰の違和感で登録抹消になった菅野に代わり、初のスライド先発に臨んだルーキー高橋が4回3失点。

1点を追う4回2死一、二塁からは、8番伊藤光に右前に運ばれた。これまで得点圏で本塁打による被安打1だった高橋にとっては7試合目で初めて許したタイムリー。プロ最短で降板し、原監督は「8番で勝負はするんだけど、そこに打たれたというところ。初めてのスライド登板で、どこかに大変さを感じたかなあ」と86球で交代を告げた。

打線はゲレーロが2回にソロを放ったが、その後は2併殺打に倒れるなど1点止まり。9回は丸、岡本が連続で見逃し三振に倒れた。原監督は「4点負けているとはいえ、クリーンアップが見逃し、見逃しという三振ではね。打つ姿は難しいけれども、凡打の内容が非常に重要だというのは分かっているところでしょう」と指摘。本拠地東京ドームでは5連敗となった。

その他の写真

  • 巨人対DeNA 試合後、悔しそうな表情で引き揚げる岡本(撮影・狩俣裕三)