DeNA平良が初登板へ気合、故障癒え今季“開幕”

6年目のDeNA平良拳太郎投手が、28日の中日戦(岐阜)で今季初登板に臨む。2月のキャンプ初日に右足首の違和感を訴え、以降も同月中旬に腰痛、さらには4月に右肩の違和感で、ここまで2軍暮らしが続いていた。

「早く治すことだけを考えていた。低めに投げることだけを意識してやってきた」と気合満点で、自身の“開幕”を迎える。

その他の写真

  • チューブを使ってトレーニングをする平良拳太郎(撮影・森本幸一)