西武4連勝でニール2勝、中日は交流戦負け越し決定

<日本生命セ・パ交流戦:中日1-2西武>◇20日◇ナゴヤドーム

西武は2回、4番山川の左越え27号ソロで先制。内野ゴロの間に2点目も奪った。先発ニールは3回まで3安打無失点。

中日は2点を追う4回無死一、三塁から併殺打の間に1点を返した。先発山井は6回途中2失点と試合をつくった。

西武は救援陣が踏ん張り4連勝。先発ニールが5回1失点で2勝目を挙げた。増田は12セーブ目。中日は3連敗で交流戦2年連続負け越しが決まった。中日山井が3敗目。

その他の写真

  • 中日対西武 中日に3連勝、喜ぶ山川(右)と中村(撮影・前岡正明)