オリックス中川 パ38年ぶりの新人5戦連続マルチ

<日本生命セ・パ交流戦:ヤクルト2-6オリックス>◇24日◇神宮

オリックスのルーキー中川圭太内野手が5戦連続マルチ安打&4戦連続適時打を放ち、交流戦の打率3割8分6厘で首位打者をキープした。

▼ルーキー中川が2安打を放ち、これで20日巨人戦から5試合連続のマルチ安打。マルチ安打を5試合以上続けた新人は17年京田(中日=6試合)以来で、パ・リーグでは81年石毛(西武)以来38年ぶり。オリックスの新人では阪急時代の58年本屋敷以来61年ぶりで、ドラフト制後では球団初めてとなった。

その他の写真

  • ヤクルト対オリックス 1回表オリックス2死一塁、中前打を放ち佐竹コーチ(右)とタッチする中川(撮影・中島郁夫)