ソフトバンク・スアレス「手応え」先発4回1失点

<ソフトバンク0-4日本ハム>◇17日◇北九州

ソフトバンクのロベルト・スアレス投手が6月19日ヤクルト戦以来、約1カ月ぶりの先発で4回1失点と粘投した。

初回に先頭の西川には本塁打を浴びたが、以降は4回まで無安打投球。短いイニングでの降板は予定通りで、ショートスターターの役割を果たした。右腕は「前回の登板から、フォームの修正や低めにボールを集めるという課題に取り組んできて、手応えのある投球になったと思います」とうなずいた。

その他の写真

  • ソフトバンク対日本ハム 先発のロベルト・スアレス(撮影・今浪浩三)