日本ハム難波 ゴロ捕球の基礎練習「ペッパー」

<ジュニア・ベースボール・クリニック>

プロ野球選手が少年少女、指導者へ向けてレッスンを行う「ジュニア・ベースボール・クリニック」、アドバイスをしてくれるのは、前回に続き日本ハム難波侑平内野手です。

  ◇   ◇   ◇  

教えてくれたのは「ペッパー」。足を開いて股割の姿勢をとり、正面にいるパートナーにボールを左右交互に繰り返し投げてもらい、股関節周りを強化するトレーニングです。「確か年長くらいの時に、家の中で父と一緒にやっていました。それを50球連続で捕るまで(父は)やめさせてくれませんでした」と、幼少時代のハードな練習を振り返りました。

この練習を繰り返すことで守備の動きにも応用できるといいます。例えば、内野のゴロ捕球時の足を開く動きに似ていることから、その姿勢を身につけるための自主練習としても最適だといいます。「下半身強化もそうですが、ゴロ捕球の基礎練習にもなると思うのでぜひ取り入れてみるといいと思います」。

◆北海道日本ハムファイターズ・ベースボール・アカデミー◆ 未就学児から小学6年生までを対象に、元プロ野球選手がコーチとなり、野球の基礎基本から1人1人にあった技術指導をしてくれる野球スクール。https://www.fighters.co.jp/academy/baseball/