阪神ソラーテ抹消 7月デビュー戦V弾も打率1割台

阪神の新助っ人ヤンハービス・ソラーテ内野手(32)が19日、出場選手登録を抹消された。

ソラーテは7月7日に阪神との契約を締結させ、同21日に来日。同26日に1軍昇格して巨人戦(東京ドーム)に「2番遊撃」でスタメン出場。7回に来日初安打、初打点となる決勝2ランを放ち、鮮烈デビューを飾っていた。「セクシータイム」の愛称でムードメーカー的な存在でもあったが、守備面で不安があった。

今季はここまで20試合に出場し、打率1割8分8厘、4本塁打、9打点だった。2軍再調整で、シーズン終盤での逆襲を狙う。

他に谷川昌希投手(26)と陽川尚将内野手(28)も出場選手登録を外れた。