巨人菅野、高校後輩小笠原に投げ勝って2桁勝利だ

巨人菅野智之投手が自身3年連続6度目の2桁勝利で、マジック点灯へチームを加速させる。

19日、ジャイアンツ球場で投手練習に参加。東海大相模の後輩小笠原と投げ合う、先発予定の21日中日戦(ナゴヤドーム)で勝てば、今季19試合目で10勝目に到達する。腰痛で5月中旬から約1カ月離脱も、17勝で沢村賞を受賞した17年の16試合目に次ぐペース。「個人のことだからね。やることは変わらない」と平常心を強調した。

自分1人の力で白星を積み上げることはできない。歩んだ道を振り返ると「野手の方やスコアラーさんだったりに、感謝しないといけない」と支えてくれる人々が浮かんだ。

チームが中日3連戦で3連勝、2位DeNAが阪神に3連敗すれば、広島の勝敗次第で最短22日にマジック21か22が出る。中日には今季3戦2勝0敗、防御率0・72。好相性の敵を倒し、リーグ優勝へ近づいていく。

その他の写真

  • 巨人練習 練習前、バッタをつかまえ眺める巨人菅野(撮影・垰建太)
  • 巨人練習 練習中うトンボを見つめる巨人菅野(撮影・垰建太)