小川監督「緊張したと…」初先発6失点の田川気遣う

<ヤクルト4-7阪神>◇24日◇神宮

ヤクルトは手痛い1敗となった。初先発の田川は4回途中6失点で降板。

小川監督は「かなり緊張していたと思うが、福留の本塁打後は頑張っていた。今日どうこうでなく、これから」と気遣った。

3点を追う9回に近藤を送り出したが、阪神木浪の打球が直撃し負傷交代。試合前には今季60試合登板のハフが上半身のコンディション不良のため登録を抹消と、投手陣の苦しい状況が続く。

その他の写真

  • ヤクルト対阪神 ヤクルト先発の田川(撮影・前田充)
  • ヤクルト対阪神 8回表を前に選手交代を告げた小川監督は険しい表情でベンチに戻る(撮影・河野匠)