オリックス竹安6回途中5失点「リズム悪く」猛省

<オリックス1-6日本ハム>◇25日◇京セラドーム大阪

オリックス竹安大知投手(24)が、6回途中5失点で降板した。阪神から移籍後、日本ハムとの対戦は初めて。

3回に2点の先制を許し、5回は中田に2点適時打を浴びた。3回も5回も与四球が失点にからみ「フォアボールがすべて失点につながっていましたし、先頭打者を多く出してしまい、守備の時間が長くなってしまうなど、リズムの悪いピッチングになってしまいました」と猛省。「ゴロで打ち取ろうと思っていたボールが甘く入ってしまったこともそうですし、自分の意図したボールを投げることができませんでした」と悔やんだ。

その他の写真

  • オリックス対日本ハム オリックス先発の竹安大知(撮影・渦原淳)