阪神近本156安打目で新人3位、笠原和夫超え視野

<阪神3-0DeNA>◇22日◇甲子園

阪神ドラフト1位の近本光司外野手が新人歴代単独3位となるシーズン156安打目を記録した。

4回1死でチーム初安打となる右前打。すかさず二盗を決め、セ・リーグ最多の盗塁数を35に延ばした。

近本は21日広島戦で源田壮亮(西武)に並ぶ新人歴代3位の155安打をマークしていた。1リーグ時代の1948年(昭23)に笠原和夫(南海)が記録した歴代2位の160安打も射程圏に入る。

その他の写真

  • 阪神対DeNA 4回裏阪神1死一塁、打者福留の時に二盗を成功させる近本に盛り上がる阪神ファン(撮影・清水貴仁)