阪神ジョンソン去就は不透明「何も決まってない」

阪神ピアース・ジョンソン投手(28)が14日、米国へ帰国する前に都内で取材に応じ、来日1年目を「数字的には信じられないくらいのいい成績が残せたけど、本当にチームメートに感謝したい」と振り返った。

今季はセットアッパーとして58試合で防御率1・38、リーグ2位の42ホールドポイントを挙げた。夫人の出産に立ち会うため米国に一時帰国した影響もあり、クライマックスシリーズ(CS)の登板はなかった。

1年目で好成績を残せた理由にメジャー時代よりしっかりストライクを投げられた点を挙げ「全く言葉も通じない新しい環境に飛び込んだことで、練習、取り組みを見直したところが大きいのかなと思う」と分析した。また、野手陣の守りに感謝し、中でも梅野の名前を持ちだした。「特に梅野君は皆さんが思ってる以上に評価されるべきというか、彼が成しえたことは本当に素晴らしいことだと思う」。投手をリズムよく投げさせる技術、盗塁を阻止した「梅ちゃんバズーカ」を絶賛した。

球団は来季契約を更新する方針を固め、この日も首脳は「もちろんそうです。その話はまだ全然してないです」と説明した。ただ、ジョンソンは「まだ来年のことは具体的に何も決まってないので、何も言えないです」と明言を避け、去就は不透明な状況だ。今季の登板試合にはメジャー複数球団が定期的に視察して熱視線を寄せていた。中継ぎエースを欠いたCSであらためて、その存在感が際立つ格好となり、球団も全力で慰留に努めていく。

その他の写真

  • 帰国前、都内で取材に応じたジョンソンは報道陣に手を振って引き揚げる(撮影・奥田泰也)