日本ハム宇佐見、手締め後にガッツ熱血指導おかわり

日本ハムの正捕手を狙う宇佐見真吾捕手が、手締め後、小笠原道大ヘッド兼打撃コーチの指導を“おかわり”した。

「先日の特打で、しっくりこなくて、モヤモヤしたままオフに入りたくなった」と、自らコーチのもとへ歩み寄り、打撃の助言を受けた。着任早々、連日、熱血指導を見せた同コーチは「全てではないけど、来季へ向けた方向性は出たんじゃないかな」と、一定の成果を口にした。