1. スコア速報
  2. プレミア12
  3. 契約更改
  4. 戦力外他

侍ジャパンが悲願の世界一!/プレミア12決勝詳細

<プレミア12:日本5-3韓国>◇決勝◇17日◇東京ドーム

日本が初優勝を飾り、09年WBC以来10年ぶりとなる世界一となった。15年の第1回大会の準決勝で9回に逆転されて敗れ、優勝をさらわれた宿敵韓国を下した。試合は韓国が1回に2発を放って3点先取。日本は1回に鈴木の適時打で1点を返すと、2回には山田哲人の3ランで逆転に成功した。7回には浅村の適時打でリードを広げて逃げ切った。

日本対韓国 優勝を決めナインから胴上げされる稲葉監督(撮影・加藤哉)
日本対韓国 優勝を決めナインから胴上げされる稲葉監督(撮影・加藤哉)
日本対韓国 優勝を決め、セレモニーでバンザイする日本の選手たち(撮影・浅見桂子)
日本対韓国 優勝を決め、セレモニーでバンザイする日本の選手たち(撮影・浅見桂子)

■稲葉監督のコメント「日の丸をつけて、野球界のために世界一になりたいと思いが強かった。その一心で選手が頑張ってくれました。やはりアジアのライバルとして、強いですので、来年のオリンピックありますから、そこでいい勝負ができたらと思います。選手があきらめない気持ちでやっていますので、必ず逆転できると信じていました。私自身、前回コーチとして悔しい思いをして、選手もそれをしっかり果たしてくれたと思います。やはり、皆さまに野球を通じて勇気、希望を与えられたのではないかと思います。来年、オリンピックありますので、世界一を取れるように準備してやっていきます」



チーム
韓 国
日 本×

【韓】●梁ヒョン種(2勝1敗)、李映河、曺尚佑、河載勲

【日】山口、○高橋礼(2勝1敗)、田口、中川、甲斐野、山本、S山崎(3S)

【本】金河成1号、金賢洙1号(韓)山田1号(日)

スコア詳細


試合経過

<1回>

【韓国】 先頭打者が四球で出塁。2番打者が追い込まれながらもフォークを捉え、左翼スタンドへ飛び込む2ランで先制。2死後に5番打者もソロ本塁打を放つ。いきなり3点を奪った韓国ベンチは大盛り上がり

【日本】 先頭の山田は一邪飛に倒れる。坂本は四球で出塁、丸が倒れて2死後に4番鈴木の左翼フェンス直撃の二塁打で一塁走者の坂本が一気に生還。まずは1点を返す!

日本対韓国 1回表韓国無死一塁、山口は金河成に左越え2点本塁打を被弾(撮影・加藤哉)
日本対韓国 1回表韓国無死一塁、山口は金河成に左越え2点本塁打を被弾(撮影・加藤哉)
日本対韓国 1回表韓国無死一塁、金河成の先制2点本塁打に盛り上がる韓国ナイン(撮影・垰建太)
日本対韓国 1回表韓国無死一塁、金河成の先制2点本塁打に盛り上がる韓国ナイン(撮影・垰建太)
日本対韓国 1回裏日本2死一塁、左越え適時打を放つ鈴木。投手梁ヒョン種(撮影・垰建太)
日本対韓国 1回裏日本2死一塁、左越え適時打を放つ鈴木。投手梁ヒョン種(撮影・垰建太)
日本対韓国 1回裏日本2死一塁、鈴木の適時二塁打で生還した坂本勇(右から2人目)をタッチで迎える日本ナイン(撮影・前田充)
日本対韓国 1回裏日本2死一塁、鈴木の適時二塁打で生還した坂本勇(右から2人目)をタッチで迎える日本ナイン(撮影・前田充)

<2回>

【韓国】 日本はこの回から先発山口から高橋礼に交代。韓国は2死に四球で出塁したが無得点

【日本】 先頭の外崎は遊ゴロ、近藤は空振り三振に倒れたが、2死で会沢は四球で出塁。さらに菊池の高く跳ねたゴロに韓国三塁手が捕球できず2死一、二塁とする。山田は追い込まれながらもファウルで粘り、8球目を完璧に捉えて左翼中段席へ飛び込む3ランで逆転!

日本対韓国 2回裏日本2死一、二塁、山田哲は左越え3点本塁打を放つ(撮影・加藤哉)
日本対韓国 2回裏日本2死一、二塁、山田哲は左越え3点本塁打を放つ(撮影・加藤哉)
日本対韓国 2回裏日本2死一、二塁、左越え3点本塁打を放った山田哲(中央)は笑顔でナインとタッチを交わす(撮影・滝沢徹郎)
日本対韓国 2回裏日本2死一、二塁、左越え3点本塁打を放った山田哲(中央)は笑顔でナインとタッチを交わす(撮影・滝沢徹郎)
日本対韓国 2回裏日本2死一、二塁、左越え3点本塁打の山田哲を笑顔で迎える鈴木(中央)ら(撮影・浅見桂子)
日本対韓国 2回裏日本2死一、二塁、左越え3点本塁打の山田哲を笑顔で迎える鈴木(中央)ら(撮影・浅見桂子)

<3回>

【韓国】 先頭打者が左前安打で出塁。続く3番打者の左中間最深部への左飛に一塁走者がタッチアップを試みるも二塁でタッチアウト。日本は左翼近藤の素早い返球で隙を見せなかった

【日本】 2死で浅村が二塁打、続く外崎は四球を選んで一、二塁としたが、近藤が空振り三振に倒れる

日本対韓国 3回表韓国無死一塁、近藤は金宰煥の飛球を捕球する(撮影・加藤哉)
日本対韓国 3回表韓国無死一塁、近藤は金宰煥の飛球を捕球する(撮影・加藤哉)
日本対韓国 3回表韓国無死一塁、近藤は金宰煥の飛球を捕球し二塁へ返球する、左は丸(撮影・加藤哉)
日本対韓国 3回表韓国無死一塁、近藤は金宰煥の飛球を捕球し二塁へ返球する、左は丸(撮影・加藤哉)
日本対韓国 3回表韓国無死一塁、金宰煥の左飛で一塁走者の金河成はタッチアップの二塁進塁を狙うもアウト。二塁手菊池涼(撮影・浅見桂子)
日本対韓国 3回表韓国無死一塁、金宰煥の左飛で一塁走者の金河成はタッチアップの二塁進塁を狙うもアウト。二塁手菊池涼(撮影・浅見桂子)

<4回>

【韓国】 日本は高橋礼から田口に交代。韓国は先頭打者がヒットで出塁したが、後続が倒れて無得点

【日本】 先頭の会沢が三遊間を破る一打で出塁し、菊池がきっちり送りバントを決めて二塁へ進塁させる。山田は四球を選んで1死一、二塁とし、坂本の初球に韓国の暴投で二、三塁とする。坂本の一ゴロの三塁走者は動かず、丸が二ゴロに倒れて無得点

日本対韓国 4回裏日本2死二、三塁、二ゴロに倒れる丸(撮影・垰建太)
日本対韓国 4回裏日本2死二、三塁、二ゴロに倒れる丸(撮影・垰建太)

<5回>

【韓国】 日本は田口が続投。韓国の先頭打者が内野安打で出塁。1死後に空振り三振で一塁走者が飛び出て挟殺プレーでアウトにされる

【日本】 3者凡退

日本対韓国 5回表韓国1死一塁、一走金相竪は打者金河成の三振で跳びだし一,二塁間で挟殺される、右は山田哲(撮影・加藤哉)
日本対韓国 5回表韓国1死一塁、一走金相竪は打者金河成の三振で跳びだし一,二塁間で挟殺される、右は山田哲(撮影・加藤哉)
日本対韓国 5回表韓国1死一塁、一走金相竪を一,二塁間で挟殺し田口(左)とハイタッチする会沢(撮影・加藤哉)
日本対韓国 5回表韓国1死一塁、一走金相竪を一,二塁間で挟殺し田口(左)とハイタッチする会沢(撮影・加藤哉)

<6回>

【韓国】 日本は中川が登板。韓国打線は2三振を喫するなど無得点

【日本】 先頭の近藤が二失で出塁し、会沢の犠打と菊池の三ゴロで2死三塁とし、山田を迎えたところで韓国は投手交代。山田はスライダーに空振り三振を喫して日本は追加点を奪えなかった

日本対韓国 6回表韓国1死、朴炳鎬を三振に仕留めて雄たけびを上げる中川(撮影・浅見桂子)
日本対韓国 6回表韓国1死、朴炳鎬を三振に仕留めて雄たけびを上げる中川(撮影・浅見桂子)

<7回>

【韓国】 日本は甲斐野がマウンドに上がった。韓国は3者凡退に抑えられる

【日本】 先頭の坂本がフェンス直撃の二塁打で出塁。4番鈴木の二ゴロで三塁に進塁させて浅村が右前適時打!待望の追加点でリードを2点に広げた

日本対韓国 6回表韓国1死、朴炳鎬を三振に仕留めて雄たけびを上げる中川(撮影・浅見桂子)
日本対韓国 6回表韓国1死、朴炳鎬を三振に仕留めて雄たけびを上げる中川(撮影・浅見桂子)
日本対韓国 7回裏日本2死三塁、右前適時打を放った浅村はベンチへ向かってガッツポーズする(撮影・滝沢徹郎)
日本対韓国 7回裏日本2死三塁、右前適時打を放った浅村はベンチへ向かってガッツポーズする(撮影・滝沢徹郎)
日本対韓国 7回裏日本2死三塁、浅村の適時打で生還した坂本勇(手前)を笑顔で迎える甲斐野(撮影・浅見桂子)
日本対韓国 7回裏日本2死三塁、浅村の適時打で生還した坂本勇(手前)を笑顔で迎える甲斐野(撮影・浅見桂子)

<8回>

【韓国】 日本は山本が登板。韓国打線は2三振を喫して無得点

【日本】 3者凡退

日本対韓国 8回表を投げ終えた山本(中央)は笑顔でナインとタッチを交わす(撮影・滝沢徹郎)
日本対韓国 8回表を投げ終えた山本(中央)は笑顔でナインとタッチを交わす(撮影・滝沢徹郎)

<9回>

【韓国】 日本の守護神山崎が登場。最後は空振り三振に抑えて世界一に輝く!

日本対韓国 9回表、日本7番手で登板する山崎康(撮影・加藤哉)
日本対韓国 9回表、日本7番手で登板する山崎康(撮影・加藤哉)
日本対韓国 韓国を破って世界一となりベンチを飛び出して歓喜する日本ナイン(撮影・前田充)
日本対韓国 韓国を破って世界一となりベンチを飛び出して歓喜する日本ナイン(撮影・前田充)
日本対韓国 最後の打者を空振り三振に仕留め捕手会沢(左)と抱き合って喜ぶ山崎(撮影・滝沢徹郎)
日本対韓国 最後の打者を空振り三振に仕留め捕手会沢(左)と抱き合って喜ぶ山崎(撮影・滝沢徹郎)
日本対韓国 韓国に勝ち優勝を決め歓喜の侍ジャパンの選手たち(撮影・垰建太)
日本対韓国 韓国に勝ち優勝を決め歓喜の侍ジャパンの選手たち(撮影・垰建太)
日本対韓国 日本に敗れ準優勝の表彰を受ける韓国の選手たち(撮影・垰建太)
日本対韓国 日本に敗れ準優勝の表彰を受ける韓国の選手たち(撮影・垰建太)
日本対韓国 優勝を決め笑顔で日本ナインと整列する秋山(左から4人目)(撮影・滝沢徹郎)
日本対韓国 優勝を決め笑顔で日本ナインと整列する秋山(左から4人目)(撮影・滝沢徹郎)

◆今大会の賞金 優勝の日本に150万ドル(約1億6500万円)、2位韓国に75万ドル(約8250万円)、3位メキシコに50万ドル(約5500万円)が贈られた。賞金総額521万ドル(約5億7310万円)。


スタメン

【韓国】

1(中)李政厚

2(遊)金河成

3(指)金宰煥

4(一)朴炳鎬

5(左)金賢洙

6(捕)梁義智

7(右)閔炳憲

8(三)許敬民

9(二)金相竪

先発投手=梁ヒョン種


【日本】

1(一)山田

2(遊)坂本

3(中)丸

4(右)鈴木

5(指)浅村

6(三)外崎

7(左)近藤

8(捕)会沢

9(二)菊池

先発投手=山口


試合前

日本対韓国 試合前の円陣で必勝はちまきを頭に巻きナインに気合を入れる松田宣(中央奥)(撮影・前田充)
日本対韓国 試合前の円陣で必勝はちまきを頭に巻きナインに気合を入れる松田宣(中央奥)(撮影・前田充)
日本対韓国 試合前練習で李承ヨプ氏(左奥)と話す坂本勇(右)(撮影・滝沢徹郎)
日本対韓国 試合前練習で李承ヨプ氏(左奥)と話す坂本勇(右)(撮影・滝沢徹郎)
日本対韓国 試合前練習に集合する韓国ナイン(撮影・滝沢徹郎)
日本対韓国 試合前練習に集合する韓国ナイン(撮影・滝沢徹郎)

侍ジャパン首位浮上!/プレミア12詳細

侍ジャパン初黒星、浅村打及ばず/プレミア12詳細

日本が白星発進、周東神走塁/プレミア12SR詳細

オープニングラウンドの激闘をプレイバック!

坂本、丸ら/プレミア12代表&全コメント

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

更新