阪神馬場らが安芸キャンプ打ち上げ 台湾WL参加へ

阪神の馬場皐輔、片山雄哉、熊谷敬宥、牧丈一郎が23日に台湾で開幕するアジア・ウインターリーグに出場するため、一足早く安芸キャンプを打ち上げた。

熊谷は「特に走塁と守備はこなすだけではなく、完璧に盗んだり、いい位置で捕球したり、そういう意識でやりたい」と気合十分。来季から育成契約の牧は「キャンプでの成果を生かさないと意味がない。やってきたことを継続してやっていく」と語った。阪神からは島田も参加する。

▽阪神馬場 フォームを変えた回数も多かったし、いろいろ考えられたキャンプ。(台湾でも)いろいろチャレンジして、強い球を投げられるようにトライしたい。まずは真っすぐ。(台湾の実戦では)真っすぐが多くなると思う。

◆入れ替え 台湾で23日から開催されるウインターリーグに参加予定だった阪神友貴哉投手(24)が、コンディション不良で参加を回避。代わって育成の牧丈一郎投手(20)が出場する。

その他の写真

  • 約2000人のファンたちと集合写真に納まる阪神ナイン(撮影・上山淳一)