楽天渡辺佑樹は30万減「左が抑えられなかった」

楽天の左腕、渡辺佑樹投手(24)が3日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、30万円ダウンの年俸920万円でサインした。

横浜商大から入団して2年目の今季は、7月25日の西武戦でプロ初登板。秋山、源田と左打者に2者連続四球を与えたが、外崎、山川、中村の右の強打者を外角に沈むチェンジアップで3者連続空振り三振に仕留めた。

登板はその1試合だけに終わり、「左投手として上に上がって、左が抑えられなかった。そこは来年もしっかり課題としてやっていきたい」と反省。その後はファームやフェニックスリーグで左打者に対してチェンジアップを試投し「今まで(左打者に対しては)抜けてきていて。でもフェニックスやシーズン後半のファームの試合では左にも試したりしていました。相手が頭にないボールだと思うので、バッターも対応しきれていない部分があった。そこは収穫かなと思います」と手応えもつかんだ。

同じ左腕で大学の先輩の西宮が引退。「西宮さんが抜けてしまったので、僕にかかる期待も大きくなる。球団の期待に応えられるようにやっていきたい」。頑張れよ、と声をかけてもらった先輩の分まで、来季は1軍で投げるつもりだ。(金額は推定)

その他の写真

  • 7月25日の楽天対西武 9回表、プロ初マウンドとなった楽天渡辺佑樹(撮影・たえ見朱実)