吉田輝星「格好いい」ドラ4鈴木健矢が変則投法披露

  • ブルペンで投球する日本ハム鈴木健矢(撮影・黒川智章)
  • ブルペンで投球後、ボールの握りを確認する日本ハム吉田輝星(撮影・黒川智章)

日本ハム変則右腕のドラフト4位鈴木健矢投手(22=JX-ENEOS)は、初ブルペンを終えて「(となりで投げている)河野と立野が気になった」と、苦笑い。

「いいボールが行っているなと思った」と同期2人を褒めた。サイドスローの投球を練習中に“チラ見”した吉田輝星は「鈴木さん、格好いいですね」。唯一無二の投球フォームで、目標の開幕1軍入りを目指す。