吉田輝星、バッテリーで進化へ先輩清水に辛口注文?

  • ブルペンで投球練習をする日本ハム吉田輝(撮影・山崎純一)
  • 室内練習場で打撃練習をする日本ハム清水(撮影・山崎純一)

清水先輩、しっかり女房役をお願いします!日本ハム吉田輝星投手(19)が17日、自主トレを行う千葉・鎌ケ谷でブルペン入りし、今オフ初めて捕手を座らせて21球を投じた。投球前には、大切な「相棒」であるはずの清水優心捕手(23)に、キャッチングのレベルアップを求める軽口も。結果が求められる2年目へ、バッテリーそろって進化する。

   ◇   ◇   ◇

吉田輝が女房役であるはずの先輩に辛口? の注文をつけた。ブルペン入り直前、清水の捕球練習を補助するチームスタッフに向かって「低めの球(のキャッチング)が弱いので、しっかり(練習を)お願いします」といきなり“口撃”。後輩のイジリに清水は「高めにしか球がこないじゃないかよ」と笑いながら反撃した。19歳と、23歳。これからの日本ハムを背負っていくバッテリーは息もぴったりだ。

昨季は吉田輝の1軍登板4試合中、2試合でコンビを組んだ。初めて組んだ8月14日ロッテ戦は、初回に2本塁打を許すなど5安打6失点。9月22日の同戦は2回をもたずKOされてしまい、2戦2敗だった。巻き返したいという気持ちは、2人共通のもの。清水は「去年は全然よくなかったし、なにもサポートが出来なかった。いいところを引き出して自分と組んで勝っていければ」と、18・44メートル間の信頼を深めたいと考えている。

吉田輝も2年目への覚悟がある。前日16日、今季のチームスローガンが「羽撃く(はたたく)」に決定した。「去年は『驀進(ばくしん)』でしたけど、出来ていない。今回はスローガンのように前進して結果も残せれば」。栗山監督からは清宮とともに「早く殻を割って」と名指しされたが「キャンプでふ化する予定なので」と逃げずに言い切った。

この日のブルペンでは、今オフ初めて捕手を座らせた。投げ込んだのは直球のみ、21球。「初めての割にはすごい良かった。最初はずれたりしたけど、早めに感覚を思い出せた。今日はすごいいいブルペンになった」。自身が進化することで、最高のバッテリーになってみせる。【山崎純一】

◆プロ野球の女房役 相性の良さやキャッチング技術の巧みさなどから、特定の投手とセットで起用される捕手を「専属捕手」と評する。近年ではソフトバンクの斉藤と的場、日本ハムのダルビッシュと鶴岡が有名。04年北海道移転後の日本ハムでは、マイケル中村と中嶋兼任バッテリーコーチ、武田勝と大野らがおり、現役では石川亮が“有原専属”を自認している。侍ジャパン入りするなど球界を代表する捕手となったソフトバンク甲斐も、当初は東浜、千賀の“専属”と呼ばれた。