阪神守屋の妻 DVや浮気、生活費支払わないと主張

  • 一連の問題について会見する守屋(撮影・前岡正明)

妻に暴行してけがをさせたとして、傷害の疑いで書類送検された阪神の守屋功輝投手(26)が23日、西宮市の球団事務所で緊急会見を開き、暴行容疑を否定した。 暴力を受けて苦しんでいたのは守屋の方で、妻が警察に被害届を出した内容とは真逆の内容を訴えた。守屋本人から直接事情を聞いた球団は、2月1日からの春季キャンプ参加は問題なしとの見解を示した。  

◇   ◇   ◇

○…守屋は妻の話として結婚当初からDV(ドメスティックバイオレンス)があったなどと報じた週刊誌に法的措置を取ることも検討していることを明かした。今週発売の週刊文春には、守屋のDVに加えて浮気や家出のほか、生活費や養育費の支払いがないという妻の主張が報じられている。守屋は「事実と異なることが多く、今後は弁護士と話し合いをし、法的措置を取ることも検討しています」とコメントした。