ヤクルト奥川、母校星稜へ「優勝目指して頑張って」

星稜、頑張れ! ヤクルトのドラフト1位奥川恭伸投手(18=星稜)がセンバツ出場を決めた後輩たちへエールを送った。

「今年のチームは打撃が桁違い。甲子園を経験して、また夏にも出て優勝を目指して頑張ってほしい」。“推しメン”には中田達也外野手(1年)と「同じ七尾線に乗っていたので」と倉知由幸外野手(2年)を挙げた。

自身は右肘の軽い炎症でノースロー調整中。春季キャンプは2軍スタートとなったが「予想していたので、シーズン中でも1軍に上がれるように頑張る」と前を向いた。今後については「慎重に慎重を期して」(橿渕スカウトグループデスク)1月中はノースロー、キャンプイン後から強度を上げていく見込み。球団は、2軍キャンプ地の宮崎・西都での“奥川フィーバー”に対応するため、神宮球場を担当する警備会社から警備員を派遣するなど、異例の対応をとることを決定した。