阪神島田が1軍キャンプで快足アピールをもくろむ

阪神島田海吏外野手は2年連続の1軍キャンプスタートで快足アピールをもくろむ。

昨季1軍では7試合出場に終わり「一番は走力。盗塁を積極的にやって、1個でも多く決めれるところを見せたい」。オフは台湾でのウインターリーグで経験を積んだ。勝負の3年目へ「死にものぐるいでやらないと、開幕のメンバーに残っていけない。自分の中でたくさんプレッシャーをかけて、追い込めるように」と生き残りを目指す。