斎藤佑樹「ハンカチ王子」認知され「励みになる」

  • ストラックアウト対決で投球する日本ハム斎藤(撮影・佐藤翔太)
  • 北海道胆振東部地震の被災地を訪れ黙祷をする日本ハム杉谷と斎藤(右奥)(撮影・佐藤翔太)

日本ハム斎藤佑樹投手(31)が、かつての愛称を感慨深げに振り返った。

25日、杉谷拳士内野手とともに厚真町の小学校を訪問。18年9月に起こった北海道胆振東部地震で甚大な被害を受けた場所で、復興支援イベントを行った。プロ入り後、初めて教壇に立ち夢について語るなど触れ合った。野球教室ではストラックアウト対決も野球少年少女に敗れ、罰ゲームで杉谷と手をつないでスクワット30回するなど盛り上げた。

早実で甲子園を制した時、一世を風靡(ふうび)した「ハンカチ王子」は、今なお子どもたちに認知されていた。「ああやって知ってもらえているのはうれしい。逆に励みになります」と目尻を下げた。