阪神4位遠藤は朝活でけが防止「この生活を続ける」

  • ノックを受ける遠藤成(撮影・清水貴仁)

阪神ドラフト4位の遠藤成内野手(18=東海大相模)は朝活でけがを防止する。

新人合同自主トレでの収穫は練習前の時間の使い方。「先輩たちを見ているとけがをしないためにやっていた」と風呂とストレッチの時間を設けた。起床を1時間早め「キャンプでもこの生活を続けていきたい」と継続していく。2軍スタートの春季キャンプへ「受け身にならず準備をしていきたい」と意気込んだ。