ヤクルト奥川「けん制は苦手です」前日休日は品川へ

  • ノックを受けるヤクルト奥川(撮影・大野祥一)

ヤクルトのドラフト1位奥川恭伸投手(18=星稜)は26日、戸田球場で新人合同自主トレを行い、ノースロー調整を継続した。

ノックを受けた後は、けん制の基本動作を反復練習。「けん制は苦手です」。走者を二塁に置いた状況を想定して、捕手のサインを見る時の姿勢を何度もチェックしながら、セットポジションからのスムーズなけん制を繰り返し練習した。

前日の休日は、奥川は5位長岡秀樹(18=八千代松陰)と連れだって都内へ出かけて気分転換に努めた。長岡は新宿を探索、奥川は品川へ出かけた後で新宿で合流。その後は、キャンプ中の移動に使うトートバッグを購入した。長岡は「おそろいになりかけましたが、大丈夫でした」と、笑いながら2人の買い物の様子を説明した。