広島遠藤、千賀&ソフト上野参考にローテ奪取だ

20歳の広島遠藤淳志投手が代表エースから刺激を受け、ローテ争いの励みとする。14日から3日間、福岡・八女でソフトバンク千賀やソフトボール女子日本代表のエース上野らとともに合同自主トレ。

効果的な体の使い方を学び、無駄のないフォームを研究してきた。「2人のレベルには、まだまだほど遠い」。技術や意識の高さを痛感したが、書き留めたノートを見返しながら無駄のないフォームを固めていく。