ヤクルト3位杉山が初登板、最速148キロを計測

  • 打撃投手を務めるヤクルト大西(撮影・狩俣裕三)

ヤクルトのドラフト3位・杉山晃基投手(22=創価大)と同4位・大西広樹投手(22=大商大)が打撃投手として初登板した。

杉山は太田と対戦。右翼席へ1発食らったが、カットボールとフォークを交え、直球は最速148キロを計測した。「まずまずでした。ここまでケガなく丁寧にやれている。開幕1軍に残りたい」。高津監督は「もっとスピードも上がると思っている。試合で投げるのを見てみたい」と楽しみにした。