ヤクルト奥川22日ブルペン入りへ 右肘の回復順調

ヤクルトドラフト1位奥川恭伸投手(18=星稜)のブルペン入りが22日に最終決定した。

ゴロ捕球後、一塁付近から三塁に投げるサードスローを2日連続で練習。「納得のいくボールがいきました。フォームもよくなってきている」。この日は初めて打撃練習を行うなど炎症を抱えていた右肘の回復は順調で、予定通り第5クールでブルペン入りへ。「投げられていることは楽しい。ここまで長かったです」と待ち切れない様子だった。