阪神3発12安打快勝発進「いいスタート」矢野監督

  • 中日対阪神 3回表阪神1死一塁、2点本塁打を放つマルテ(撮影・前田充)
  • 中日対阪神 3回表阪神1死一塁、左越え2点本塁打を放ったジェフリー・マルテ(右)(撮影・森本幸一)
  • 中日対阪神 4回表阪神1死、右越え本塁打を放つ近本(撮影・森本幸一)
  • 中日対阪神 4回表阪神1死、右越え本塁打を放った近本光司を迎える矢野燿大監督(撮影・森本幸一)

<オープン戦:中日2-6阪神>◇22日◇沖縄・北谷

阪神がオープン戦初戦を12安打3本塁打で6得点し、快勝した。2回に坂本が先制2ラン。3回にはマルテが左翼席へ2ラン、4回には近本が右翼にソロを運んだ。

得点にはつながらなかったが、8回には無死一塁から送りバントの場面で、江越が三塁まで進む好走塁などもあった。

矢野燿大監督(51)は「江越の走塁も、江越らしい素晴らしいね。見た目ほど簡単なプレーではない。あそこで1点取りたかったけれど、みんなそれぞれが、聖也(木浪)もエラーしたけどその後守備で取り返したし、みんなやれることをやってくれた。いいスタートをきれたと思います」。さらに指揮官は、開幕投手の西勇についても「しっかりした球が投げられている。何の心配もしていない。順調にきているという感じで見てました」と信頼感を口にしていた。