日本ハム平沼が右足関節捻挫、復帰に3週間の見通し

日本ハム平沼翔太内野手(22)が23日、都内の病院で精密検査を受け、右足関節捻挫と診断された。

試合復帰まで3週間の見通しで、今後は千葉・鎌ケ谷の2軍施設でリハビリを行う。

平沼は1軍の沖縄・名護キャンプに参加していた18日に行われた韓国・サムスンとの練習試合で、8回に二盗を試みた際に患部を負傷して途中交代。21日に2軍本隊とともに帰京していた。初の開幕1軍メンバー入りを目指している中での離脱となった。