中日育成石岡「長打力に特化して」打撃でアピール

  • バットとグラブを手に走る石岡(現場代表)

中日 昨季椎間板ヘルニアの手術を受け、今季は育成契約の中日石岡諒太内野手がマシン打撃などで体調の良さをアピールした。

「早く投手の球を打ちたい。並の選手では支配下に戻れない。長打力に特化していきたい」。1勤1休の練習日には内野、外野の守備を交互に行うなど複数ポジションでの復帰を視野に入れている。