巨人坂本勇人と大城卓三コロナ陽性 共に既に回復か

  • 31日、紅白戦で右越え本塁打を放つ大城(撮影・河野匠)
  • 2日の練習試合で右犠飛を放つ坂本(撮影・河野匠)

巨人は3日、坂本勇人内野手(31)、大城卓三捕手(27)に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表した。検査の結果を受け、この日予定されていた巨人-西武の練習試合の中止を決めた。2選手は2日の西武との練習試合(東京ドーム)にスタメン出場。ともに3打席立ち、6回表の守備から交代した。

巨人では、5月29~31日にかけて、希望者全員218人の採血し、抗体検査を実施した。そのうち選手、スタッフ計4人について、新型コロナウイルスの感染後に回復したことを示すIgG抗体が確認された。専門家の指導のもと、慎重を期すために都内の医療機関に協力を依頼し、この4人ついて、PCR検査を実施したところ、この日午前に陽性判定の連絡が入った。

2人ともに新型コロナウイルスの遺伝子量(CT値)は微量で、正常値ぎりぎりの「微陽性」にあたる上、ともに回復を示すIgG抗体を持っていることから、専門家からは、2人ともに感染から回復した後、かなりの時間がたっているとの見解を得た。

4日以降、管轄の保健所の指導に従って、入院した都内の医療機関において、PCR検査を連日実施し、陰性が確認でき次第、早期にチームに合流することを目指す。

2人は3月下旬以降、体調に何の問題もなく、味覚、嗅覚などの異常も感じていないという。検査から2週間前までさかのぼった2人の日常の行動も確認したところ、坂本は5月29日に友人と昼食を取った以外、外食、夜の外出は一切なかった。大城は5月28日にチームメート2人と2時間夕食を取った以外、外食、夜の外出は一切なかった。

4人のうち、PCR検査で陰性となった2人は体内にウイルスがないと確認されたことから、周囲への感染リスクはないと判断し、チームに合流した。

現在、2人の選手との濃厚接触者については管轄の保健所が特定を急いでいるが、球団としては濃厚接触者の特定の前に「1メートル以内で15分以上会話した」者を中心に、念のために幅広く検査を受けるべきと判断した26人について、この日夕方、都内の医療機関でPCR検査を実施することを決めた。

また、これ以外の1軍の選手、監督、コーチ、スタッフなどは全員、4日の午前中にPCR検査を実施する。

◆坂本勇人(さかもと・はやと)1988年(昭63)12月14日、兵庫県生まれ。光星学院で06年センバツ出場。同年高校生ドラフト1巡目で巨人入団。2年目の08年からレギュラーをつかみ、12年最多安打、16年首位打者、最高出塁率。17年に右打者では史上最年少で通算1500安打達成。19年MVP。ベストナイン5度、ゴールデングラブ賞3度。今季推定年俸5億円。186センチ、85キロ。右投げ右打ち。

◆大城卓三(おおしろ・たくみ)1993年(平5)2月11日、沖縄県生まれ。東海大相模で甲子園2度出場し、10年夏準V。東海大では14年全日本大学野球選手権で優勝。NTT西日本を経て、17年ドラフト3位で巨人入団。昨年まで通算192試合、10本塁打、47打点、打率2割6分5厘。今季推定年俸3500万円。187センチ、90キロ。右投げ左打ち。