オリックス西村監督「点を…」鈴木1勝を援護し安堵

  • 西武対オリックス 6回表オリックス無死一塁、吉田正は右越え2点本塁打を放ちエアタッチで迎えられる(撮影・足立雅史)
  • 西武対オリックス 投手交代を告げるためベンチを出たオリックス西村監督は指で丸印を作る(撮影・足立雅史)

<西武0-6オリックス>◇1日◇メットライフドーム

オリックス吉田正尚外野手が先発鈴木に援護射撃だ。両軍無得点の6回無死一塁。今井の低め変化球をさばき、右中間に今季1号の先制2ランを放った。

「優が頑張って投げてくれていましたし、安達さんが(ファウルで)粘って出塁してくれたので、なんとか先制点になってくれてよかった」。

一挙6点を奪って大勝。西村徳文監督も「あそこまでいい投球をしてくれたら点を取らないわけにいかない。『点取ってやろう』とみんなが声を掛け合ってました」と胸をなで下ろした。