DeNA首位奪取失敗「甘く見ていた」ラミレス監督

  • 巨人対DeNA 交代を告げてベンチに戻るDeNAラミレス監督(撮影・大野祥一)

<巨人5-3DeNA>◇2日◇東京ドーム

DeNAは自慢の打線が振るわず首位奪取に失敗した。

昨季は好相性だった巨人桜井を打ち崩せず、今季ワーストの散発3安打。乙坂、柴田をスタメンに並べ相性重視のオーダーだったが機能しなかった。4点を追う9回に鍵谷から2点を反撃するも及ばず。ラミレス監督は「桜井投手が、いい投球をしたということが大前提」とした上で「相性が良かったので、少し甘く見ていたというとこも正直あるのかなと思う。甘くなったストライクを見逃してしまった」と話した。

今季は日々ベストを尽くす「Day by Day ベースボール」を掲げる。新外国人のオースティンを初めて一塁で起用。4回には梶谷が、得点には結びつかなかったが12戦目にしてチーム初盗塁を決めた。開幕カード広島戦以来の負け越しも「うちもいい野球をやった。ジャイアンツの先発投手が3人とも良かった。今後しっかりと対応していかないといけない」と先の戦いを見据えた。